うつで障害年金の受注を目指すなら保険料納付要件を調べてから専門家に頼もう

うつ病で働けない

お金

経験豊富な社労士事務所に依頼する

うつ病になって仕事に行くことができなくなってしまい働けないので、この先生活が不安な方におすすめしたいのがうつ障害年金の手続きを申請することです。障害年金は病気や怪我などになって生活に支障が出たときに支給される年金のことで、国民年金や厚生年金の加入者であれば一定の年金を受け取ることができる制度です。そして障害年金はうつ病の方も認定を受けることができれば支給されます。また障害年金には障害基礎年金と障害厚生年金とがあり、年金を受け取るには一定の要件を満たす必要があります。それからうつ障害年金を受け取ることができる病気は、躁うつ病、アルツハイマー病、発達障害、知的障害、双極性障害などがあります。しかし障害年金をもらうには、病院で医師の診断を受けたり、役所で手続きを行ったりと色々と面倒なことが出てきます。そういったハードルがあるため、本来なら支給される条件を満たしていてもためらってしまう方もいます。そこで頼りになるのがうつ障害年金の申請の経験豊富なベテランの社労士事務所です。うつ障害年金の申請を行ってくれる社労士事務所では依頼人の方に代わって、書類作成や申請や請求などを行ってくれるので助かります。経験豊富なプロに任せることで単独で申請するより、支給される可能性が高くなるのです。相談は無料でできて着手金も要らないので、気軽に連絡してみることです。

うつ障害年金の申請を行ってくれる社労士事務所では弁護士事務所とも提携しているので、もし申請して障害年金が支給されなかったときは裁判を行って請求することもできます。またうつ障害年金の申請を依頼して任せるとお客様が自分で年金事務所まで出向く必要がなくなり、手続きや交渉などすべて行ってくれます。それから申請をしてもうまくいかない時は、お金はかからないのでリスクはないです。それにうつ障害年金は仕事をしている方でも支給されることがあるので相談してみることです。さらにうつ障害年金の申請を社労士事務所に任せると単独で申請するより支給される期日が速くなったり、より多くの金額になったりすることもあります。社労士事務所では障害認定を受けたいけど医師に言いにくい方やとにかく話だけでも聞いてみたい方など、うつ障害年金に関する様々な悩みを受付しています。ご本人だけでなくご家族の方の相談も受付しているので、一度連絡してみることです。社労士事務所に依頼するとご自分で申請してもうまく行かなったケースでも通ることがよくあります。社労士事務所ではお客様の立場に立って親切丁寧に対応してくれるので、安心して申請を依頼することができます。相談は電話やメールで無料で受付しています。